無料ブログはココログ

Twitter

  • Twitter

« CFDの勉強を始めるのに、入門用の本はあるか? | トップページ | CFDの教科書とFEMの教科書の第一印象の話 »

2015年6月 2日 (火)

構造CAE屋さんがCFDを学び始めてみたが…

 私はCFDソフトの開発者でもないし、流体現象の研究者でもありません。

設計や生産現場で流体が原因らしい問題を、
市販の商用ソフトを使って、原因はこうなんじゃないの、
こうすればよくなるのではないの、ということを提案して、
たいていは大体当たるので
依頼者に解析結果の結論どおりでしたよ、CAEすごいですね!
といわせる微妙なお仕事をしています…

アカデミック方面の方にはそれじゃダメだ、との御指摘を受けますが、
まあたいていのメーカー内のCAE技術者と呼ばれている人は同じ感じではないでしょうか(と信じていますが)

ちなみに私はあまりCAE技術者という言葉はあまり好きではないので、
シミュレーションを使った評価方法の研究開発技術者

と言うようにしていますが。

それはともかく、仕事に役立たせるために勉強するにしても、目標がないとキリがなくなってしまうので、まずはどのあたりを到達目標にするかを決めることにしました。

仕事上、本格的なプログラムを開発することはまずないので、あまり深くやってもしょうがないのですが、
ユーザーとして商用ソフトを使う以上、商用ソフトの中でいったい何が計算されているのかぐらいはざっくり理解しておきたい…

そこで思い出したのが以前有限要素法を勉強したときは、2次元の簡単なプログラムを作成して、ソフト(ソルバー)が何やっているのか大枠理解できたことです。

そこでCFDでも同じように

2次元で一番基礎的なアルゴリズムでよいので、プログラムを作くることを目標にしたわけです。

 

« CFDの勉強を始めるのに、入門用の本はあるか? | トップページ | CFDの教科書とFEMの教科書の第一印象の話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472243/60219899

この記事へのトラックバック一覧です: 構造CAE屋さんがCFDを学び始めてみたが…:

« CFDの勉強を始めるのに、入門用の本はあるか? | トップページ | CFDの教科書とFEMの教科書の第一印象の話 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ