無料ブログはココログ

Twitter

  • Twitter

« 「なぶら」と∇ | トップページ | CFD関連書レビュー 機械工学便覧 基礎編a4 流体工学 »

2015年6月11日 (木)

CFD関連書レビュー エンジニアの流体力学

CFD関連書とタイトルに書きましたが、完全に流体力学の本です(^-^;

流体力学の教科書、簡単なものから、難しいものまで各種そろっています。

また扱う範囲も、静止流体力学から、ベルヌーイ式、NS式、乱流理論と幅広く、どこまで扱うかは著者の先生の感覚しだい、という感じです。

しかし、社会人になってから流体力学が必要になった(幸運な?)方は、

まずは全体の概要をつかみたい、それにはちょうどよい本かなと思っています。




静止流体からベルヌーイ式、管水路流れ、流体抵抗、そしてシミュレーションまで、重要部分を「さらり」とまとめた教科書です。

付録含めても160ページ足らずで、Δや∇のような記号もあまりでてこないですし、そもそも数式より流体にかかわる現象をどう理解するか、ということに重きをおいている感じがして、初心者には読みやすいです。
(中級者以上の方は物足りないかもしれませんが)

実際、この教科書に説明されている現象、実際仕事で起きているので、私は非常に助かりました。

« 「なぶら」と∇ | トップページ | CFD関連書レビュー 機械工学便覧 基礎編a4 流体工学 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472243/60318607

この記事へのトラックバック一覧です: CFD関連書レビュー エンジニアの流体力学:

« 「なぶら」と∇ | トップページ | CFD関連書レビュー 機械工学便覧 基礎編a4 流体工学 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ