無料ブログはココログ

Twitter

  • Twitter

« CAEとFEMとCFD… | トップページ | CFDの勉強を始めるのに、入門用の本はあるか? »

2015年5月28日 (木)

CAEとFEMとCFD…その2

前回はCAEが一般化して勉強会も盛んだけど、メーカーの技術者にとっては数値解析法の中身よりもっと大事なことがあるような気がする、なんてことを書きました。

今回は前回触れなかったCFDについてなのですが、最近CFDがCAEから乖離(?)している場面を見ることがあります。

例えば、
「CAEはやっと設計が使えるようになってきたけど、CFDはうちの会社のレベルじゃ無理だな」
とか…

この場合のCAEは応力解析を指すのだと思いますが、CFDはCAEに入れてもらえないほど難しいようです(笑)。

応力解析はパッケージ化が進歩して、解析ソフトウェアの中身がブラックボックスでも結構実際の設計現場で使えるようになってきたのに対して、CFDソフトはそこまで進んでいないようですね。

まあ、層流に限った解析や乱流でも定常でk-εモデルに絞ることによって、お手軽流体解析を実現しているソフトもあり、まあざっくりとした結果を得るには使えるみたいです。

しかし、設計開発の問題はざっくりで済ませられないことも多く、そういう点流体解析はたとえシンプルなモデルでも、課題によって解析手法を大きく変えなければならない場合もあるようです。

どうやら応力解析(≒最近CAEとかFEMと呼ばれるもの)と違って、現時点で流体解析を行うには流体力学や数値計算の知識が必要な感じですね。

そう考えると、研究者にとっては研究課題がたくさんあって面白い分野であることは間違いないと思いますし、その一方設計開発の現場では、実物の結果見ながら計算手法を探らなければならないまだまだ手ごわいツールなのかな、という感じです。

« CAEとFEMとCFD… | トップページ | CFDの勉強を始めるのに、入門用の本はあるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472243/60170434

この記事へのトラックバック一覧です: CAEとFEMとCFD…その2:

« CAEとFEMとCFD… | トップページ | CFDの勉強を始めるのに、入門用の本はあるか? »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ