無料ブログはココログ

Twitter

  • Twitter

« FEM関連書レビュー 「基本からわかる有限要素法」 | トップページ | FEM関連書レビュー 「構造解析のための有限要素法実践ハンドブック」 »

2012年9月18日 (火)

FEM関連書レビュー 「よくわかる有限要素法」

今回は豊田自動織機福森先生の

よくわかる有限要素法 (オーム社2005)

では、私の独断の採点ですが、

FEMソフト開発者向き・・・★★

ベンダーサポートエンジニア、コンサルタント向き・・・★

CAEエンジニア向き・・・★

設計開発技術者向き・・・★

難易度:上級

一言まとめ:わかる人にはよくわかる、かな。。。

星の数が少ないのですが、悪い本という意味ではなく、上級者向けと言う意味です。
前回までのものも含めて図書館で借りたものを4冊紹介しましたが、買おうと思ったのはこの本だけです。
前回までの3冊はすでに自分が持っている本のいずれかと内容が重複するのですが、この本だけは重複しない部分があるので買おうと思っています。

この本の特徴は「有限要素法」そのものを説明している点にあります。
つまり支配方程式(たいていは微分方程式の形になりますが)から、それを以下に離散化して、マトリックス法で解く形に持っていくか、を非常に詳しく説明しています。

たいていのFEMの理論の本は、材料力学や流体力学などの具体的な問題を例にそれをどのように解いていくか、と言う形で構成されています。この説明のしかたは例があるのでイメージしやすい分わかりやすいのですが、他の分野に適用する研究がしたい場合には内容が不足します。

この本は数学的な展開を中心に書かれているので、どんな問題にでも当てはまる内容になっています。その代わり、例がなかったり難し(座くつ問題など)かったりするので、CAEソフトの操作を中心に行っている方がいきなり読んでもわからないところが多いとお思い増す。

そのかわり、新たな分野の問題に自分でFEMプログラムを作成して挑もうという上級者には参考になるのではないかと思います。

中上級者向きの本が続いたので、次回から初級者向きの本を紹介する予定です。

« FEM関連書レビュー 「基本からわかる有限要素法」 | トップページ | FEM関連書レビュー 「構造解析のための有限要素法実践ハンドブック」 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472243/47104087

この記事へのトラックバック一覧です: FEM関連書レビュー 「よくわかる有限要素法」:

« FEM関連書レビュー 「基本からわかる有限要素法」 | トップページ | FEM関連書レビュー 「構造解析のための有限要素法実践ハンドブック」 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ