無料ブログはココログ

Twitter

  • Twitter

« CAEソフトウエアは使い勝手が向上しています。。。 | トップページ | 設計者は本当に専任者向けツールを使えないのか その2 »

2011年2月26日 (土)

設計者は本当に専任者向けツールを使えないのか

前回はCAEツールは簡単になってきた、と言うことを書きました。

CAEソフトを駆使できることが、最新のソフトではCAE技術者のアドバンテージではなくなってきています。

でも、物理現象を再現するような本格的なシミュレーションは、やはり昔ながらのオペレーションが難しい本格的なソフトでなくてはいけない、という信仰もあります。

まあ、それは確かにいえないこともありません。

それはそれとして、では本格的なシミュレーションソフトは設計者では操作不能なのでしょうか。

私の体験からいうと、不可能ではありません。

一つ目はPatranをした例で、これが私が設計者に教えました。

その設計者の仕事は、当時材料物性の最適化が課題だったので

あらかじめモデルは私が作成して渡しておいて、彼には物性値の変更方法のみ教えました。

その仕事はうまくいったので、次に形状の簡単な変更方法を教えました。

そうしていくうちに彼は仕事に必要な部分だけをマスターして行き、

設計者の身分のままで、シミュレーションによる構造最適化手法の特許を申請するまでにいたりました。

この事例の特徴の一つ目としては

最初にモデルのテンプレートを渡してそれを改造することから始めている

ことです。

CAEモデルを設計者が1から作るのは難しいのですが、

作ってあるものを改造するとなるとかなりハードルが下がるはずです。

特に、メッシュ作成はCAE技術特有のノウハウが必要なのですが、その部分を作ってあげると、

他の部分(物性や境界条件)は以前書いたように設計技術と関連が深いので、きちんとした設計者であれば理解できます。

もう一つが、

必要な部分のみを教える

ということです。

特に汎用系のCAEソフトは多機能です。

プリポストもソルバーにあわせてできることが多いのは良いのですが、

ほとんどの人はそんなに多様な使い方はしないはずなので、余計な機能となってしまい、混乱させる要因になってしまいます。

そこで、理解しているCAE技術者が設計者の意図を汲み取り、必要な部分のみ教えていくことが重要です。

(実際CAE技術者が教えると、すべてのことを教えようとするあまり、逆に設計者は非常に難しいと言う印象だけ多く残ることが多いと言う話もあります。。。)

« CAEソフトウエアは使い勝手が向上しています。。。 | トップページ | 設計者は本当に専任者向けツールを使えないのか その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1472243/38952239

この記事へのトラックバック一覧です: 設計者は本当に専任者向けツールを使えないのか:

« CAEソフトウエアは使い勝手が向上しています。。。 | トップページ | 設計者は本当に専任者向けツールを使えないのか その2 »

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ